インテリアのコーディネートは、細かい色彩計画が必要です。

床・壁・天井を白やベージュでなければ部屋を狭くみせてしまうと思い込んでいる人が多いはず。

『広く見える=白』という考え方は間違っています。

彩度(あざやかさ)を低くすれば、明度(明るさ)が多少低くても様々な色を使って広く見せることも出来るし、
美しくまとまりのあるカラーコーディネートができます。
しかも、高い材料を使わなくても、低コストでの建築が可能です。

インテリアカラーは、家具やカーテン、小物を活かすための環境(ベースカラー)を作らなければ、
せっかくのイメージも台無し。
また、すべてインテリアを新しいものに変えるとも限らないため、動かせない色目(特に家具が多い)から出発して
色を組み立てなければ、まとまりのない空間になります。
木部の微妙な色の違いは、心理的にいらいらします。
やはりここでも、様々な素材の色を読み取る力が必要となります。

たくさんの色に囲まれて暮らすことが感性豊かな子供を育てます。
まとまりのある色空間は、居心地がよく、落ち着いたインテリアです。



色彩塾は、インテリアのカラーコーディネートを色彩計画・素材・デザインのトータルでご提案します。


IMG_7129.JPG

*一般住宅インテリアコーディネート(一戸建・マンション)
*住宅リフォーム
*特殊建築プランニング(内・外装)色彩計画
*店舗デザイン
*カーテン/家具/照明プランニング

●トータルコーディネート  坪/10,000円~要相談
●カーテン・家具・照明プラン  各50,000円~